FC2ブログ
シグニ的空創ブログ
スパロボ大好きなんJラーかぶれがお届けするブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エクシリア感想記@戦闘
昨日あたりから随分と肌寒くなってきましたね。
久しぶりにカットソーを着る時期が来ましたかね。

そんなことはどうでも良くて。

今日もエクシリア感想記、いきます。
今日もストーリーのネタバレはありませんが、未プレイの方で気になる方はご注意を。




さて、今日は戦闘で気になった点をチョイチョイ書いていきたいと思います。


・基本はヴェスペリアやシンフォニアの発展系
 開発はシンフォニアチームがやっているので、やはり基本はシンフォニアやエクシリアの流れを汲む感じでしたね。
 特にスキルが増える度にやれることがバシバシ増えていくのはヴェスペリアが非常に近いかなと思います。
 グレイセスのように最初から爽快なプレイ!とはいきませんが、やれることがどんどん増えていく楽しみはありました。
 とはいえ、単純にTPだけでなく、APのおかげである程度好きに通常攻撃と術技の分配が出来る感じは、記念作品らしい作り。
 通常攻撃の乱打や、術技を惜しみなくつぎ込んだ強力な連携が組み立てられるのは面白かったです。

・戦闘の要は「リンク」
 今作の戦闘で非常に重要となっているのが「リンク」です。

 リンクすることでパートナーが詠唱中のサポートや、挟撃してくれるだけでなく、一部スキルの共有や回復の共有、果ては強力な共鳴術技を放てるようになるなど多くの利点があります。
 リンク中はキャラごとに固有サポートが設定されており、どのキャラとリンクするかも重要となってきます。
  (ex.アルヴィンならガードブレイク、レイアならローバーアイテム、エリーゼなら無消費TP回復など)
 さらにオーバーリミッツの発動にはリンクと共鳴術技がOVLゲージの上昇に関わってくる上に、リンク状態でなければオーバーリミッツも発動できないという仕様なので積極的にリンクする必要があります。

 しかしながらこのリンク、デメリットも当然ながらあるわけで…
 まず大きいのが状態以上まで共有してしまうこと。味方が毒を受けるだけならまだしも、術技封印や石化状態、鈍重や麻痺などを食らってしまうと相手が雑魚的であっても一気に全滅の危険性が上がるので注意が必要です。

 また、ミラとジュード以外は共鳴術技が少ないので、どうしてもセット出来る術技の固定化やチェイン時の火力の差などが生まれてしまいます。
 特に前衛キャラのアルヴィンやレイアの共鳴術技が少ないのが残念でならないです。



こんなところでしょうか。

 今作ではアングル(特に共鳴術技や秘奥義)の凝り方はグレイセスの良いところを上手く引き継いでいるのでなかなか見ごたえあります。
 しかし、秘奥義は各キャラに一つ(ジュードとミラにはクリア後に使えるようになる共鳴秘奥義がありますが)しか無いのがなんとも寂しいもので、この辺りに完全版が出るのでは…という不安感がありました。
 とはいえ戦闘そのものは好みもあるでしょうが、自分の中ではグレイセス及びfに次ぐ出来であったと思います。
やはりテイルズの要は戦闘に有ると思うので、このまま良いところは踏襲していき、駄目だった点をなおしてブラッシュアップしていって欲しいです。

それでは今日この辺りで。明日はストーリーかキャラ、どちらかか両方に焦点をあてて書いていきたいと思います。


それでは、また。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://siguni.blog116.fc2.com/tb.php/103-8e935bc8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。